サンプル物件画像
サンプル物件 Property Score
物件関連情報画像 物件関連情報画像 物件関連情報画像 物件関連情報画像
FINANCE(カネ) FINANCE

不動産投資でなぜ
FINANCE(カネ)が大事なのか

結論から言うと

収益を正しく
見立てましょう

短期、中長期で収益を正しく見立てる力が不動産投資を成功させる鍵となります。

自分の適正を知り、物件の見極め方を知り、信頼できる不動産会社を見つけた後には、銀行に物件を持ち込み事前審査を進めましょう。

収益物件.comでは、CFシミュレーションや人口統計機能を活用して、損益分岐点や将来的な収益予測を知ることができます。
同じ物件でも借り入れ条件によって収益の見立てが大きく変わりますので、収益を見立てる力をつけましょう。

POINT 1 CFシミュレーションを活用しよう

金融機関へ事前審査を行い、借り入れ目線・金利条件が具体的になれば、CFシミュレーション機能を活用することで10年単位での収支予測を確認することができます。

CFシミュレーションでは、「入居率」や「家賃下落率」の変動に伴う損益分岐点を調べることができます。
リスクを知ることで、入居率が◯%になったら、賃料を下げるなどのアクションプランを予め策定することで、より健全な資産形成を行うことができます。

CFシミュレーション画面

POINT 2 人口統計を活用しよう

将来的な物件の立地特性を知る上では、人口統計が役にたちます。
物件が所在する最寄り駅の乗降車数推移のトレンドを見れば、賃料予測を立てることができます。

単純に人口が増えているエリアでも、単身者が増加しているのか、既婚者が増加しているのかを確認することで、ワンルーム物件とファミリータイプ物件とどちらの相性が良いかを予測することができます。

表面上の数値だけでなく、年齢層や世帯年収、既婚率を見ることでより盤石な収益の見立てを行いましょう。

人口統計画面